神の七日目工房から

AD/HDとかASとか脳内忙しい系

傘が無い。

若年者の死亡原因の一位が自死だと

電光掲示板に流れていった

政府は対策を云々とかまたなんとかするする詐欺をダラダラするつもりらしいが

精神障害者も一定数雇用するという規定が設けられ、いよいよ年金なんか払ってられるかという腹もオタマジャクシの如く透け透けである

周りの人間が配慮し続け精神をすり減らして医者に通って、更に配慮を受けている障害者が押し潰されて自死してるのが現状だと、なぜ認めないのか

金さえ渡せば、働かせれば、何とかなるでしょ、何とかしなさいよは、もう通用しないくらい日本人の末端は疲弊しきっているというのに

障害者の最後の頼りの綱である福祉さえうまく回らぬこの国に明日は無い

かといえ、国の寿命より我が寿命がきっと早く来るだろうから俺たちに明日は無い等とヤケになってはおれない

27年間悪足掻きしてきたのだから、最後の最後首が飛ぶまで悪足掻きして生きる

弱い中身で図太いふりをするしかないのだ

雨が降っても、傘が無くても

自律神経。

我々は元々自律神経が弱いらしい

斯く言う自分も自律神経がシャープペンの芯の如くである

体温もうまく保てないし、突然の原因不明の体調不良なんか日常茶飯事である

診断がつく前は、鬱でして、スイマセン、と説明していたが

鬱如きで欠勤とはいい御身分だ、仕事舐めてるのか

と福祉に働く女性施設長にコテンパンにのされてからというもの、黙って働き続け、体調不良を引き起こしては辞めてを繰り返していた


確かにまぁ振り返ったら怒られても仕方ないくらい忙しい職場だったし、言われた理由も今なら腑に落ちる部分があるような気もする

精神の不調は肉体の不調にも直結する

甘えや舐めてるでは済まない身体障害も含んでいるというのは余り日常では聞けない話では無いだろうか

脳の一部に収縮が見られるケースもあるという話だ

見える場所だけで判断というのはなかなか難しいのだが、そういった話もある、という事で


余談であるが

仕事を度々休んでは周りに迷惑をかける奴がいて困る、鬱なら家から出なきゃいいだろう、と同族から話された事があり

非常に耳が痛かった覚えがある

同じ障害や病気であれど分かり合えるというのは非常に難しい

故に、人を慎重に選んで付き合う術を持つ事は我々には尚更大事そうである

普通とは。

随分多産なブロガーですねって

言われるかもしれないが

頭が忙しい時期は色々書き留めておきたい

読んでくださる方に、感謝致します


普通、とは

自分が思うにその人の生きた平均でしかないと思う

だから人によりけりなんだが

イチイチ引き合いに出してくる人もいる

>見た感じフツウじゃない?
>ソモソモ、人はフツウなんかいないよね?

そりゃ、多少平均からはみ出ても気にしないさ

でも、明らかにフツウからはみ出た存在にエンカウントした瞬間、その人等はどう思うだろう

それが職場や知り合いにいたら?

メディアの美辞麗句を崇拝しても何の意味が無い事に気がつく筈だ

気がついたからこその態度もある筈だ


我々は天使や聖人ではない

ましてや悪魔ではない

然しながらフツウの人にもなれない


とある方が我々を「宇宙人」と呼んでいた

自分も支援機関で

我々は地球で共に暮らす人間というより、広い宇宙に独立した衛星や惑星の如く彷徨う人間なのかもしれませんね

それだけ他者と自らの世界が接する事が稀であり、難しいですね、と言われた


同じ肉塊で出来ていても触れられない世界で生きる程の孤独はあるまい

パラレルワールドに来てしまったオカルト話を読んだことがあったが

我々の日常と何が違うのだろう

飲む。

バーの隅っこでマスターに話しかけたり

新橋でふらふら飲んだり

酒を飲む時はマイペース落ち着きたい

ガクセイのノリはキツイ

オツキアイの酒は苦手で不味い

ダラダラ飲んで、食って

ぼんやり灯を見つめて

夜に溶けている


マーチンは酒はあまり飲めないから

訝しげにコチラを覗いている……

責めるべき、は。

責めるべき相手を間違う場合というのが

誰かしらにもある

然しながら、責めるべきは目に付いた都合が悪い存在ではなく

明らかに目の前に居るそいつじゃないのか

正論や図星をついたら、誰だって苛々するさ

とよく言われるが

自分の問題を直視しないで他人叩きに躍起になるのは自分の為にならないし

病巣を悪化させているだけだ

自分に向き合うって苦しいが

きっと自分の為にしかならないよ

初めましてのご挨拶。

=profile=

金平糖(27)

家族と離れ、大都会に居ます

大卒からのフリーターです

かれこれ長い間病院通いです

機関の診断や検査済です

マーチン(28)

同族です

大都会にて知り合いました

マーチンが似合う奴だから

ブログの登場人物の主だった人間かと

行ったり来たりしてます

後、特に主要な人物が存在しないブログです